家庭教師を極める!

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<減税日本>参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は26日、代表を務める地域政党「減税日本」から、参院選比例代表もしくは愛知選挙区(改選数3)に候補者擁立を検討していることを明らかにした。「国のために減税を訴える勢力を伸ばしたい気持ちが強い。擁立を求める声もある」と述べる一方、「(参院選まで)時間がないし、民主党の仲間もいる。状況は難しい」と慎重な姿勢もみせている。

 河村市長は「良さそうな人はいる」と意中の人物がいることを示唆。親しい民主党国会議員に候補擁立について相談したという。

 愛知選挙区は民主2、自民1の現有議席維持を目指す両党に、共産、社民、みんな各党などが挑む構図になっている。高い知名度がある河村市長率いる減税日本が加われば、情勢が大きく変わる。

 減税日本は、河村市長の公約である市民税10%減税を実現するため、次期市議選での過半数確保を目指して4月26日に設立された。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ
名古屋市長:減税案6月定例会に 本格議論を期待
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長

平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
波乱6番人気トーセンウィッチ戴冠…東京プリンセス賞(スポーツ報知)
[PR]
by lump0uus5n | 2010-05-28 13:42

児童ポルノ25%が未削除(産経新聞)

 インターネット上に氾濫(はんらん)する児童ポルノ画像で、警察庁から委託を受けネット上の違法情報の監視などをしている団体が昨年12月、サイト管理者らに削除を要請したのに画像が掲示されたままの状態が続いたケースが25%を超えることが14日、同庁の分析で分かった。ネット上の画像はすぐに複製されるため長期間掲示されると画像の児童は半永久的に被害を受ける。警察庁は、発見時に接続業者がサイトへのアクセスを強制遮断する「ブロッキング」を即時実施する枠組みが不可欠として、総務省など関係省庁に働き掛けている。

【関連記事】
ネット掲示板にポルノ画像 男子高校生ら27人摘発
悪質サイト管理者取り締まりへ ネットの違法情報95%増
漫画家を参考人招致へ 泥沼化する「2次元児童ポルノ規制」で都議会 
「しずかちゃんの入浴」「エヴァのヌード」はOK 都2次元児童ポルノ規制条例
“通信の秘密”侵害も 「児童ポルノのブロッキング」法的側面に課題

普天間移設 「人間の鎖」1万7000人 沖縄(毎日新聞)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で−福岡地裁(時事通信)
<宇宙の種>地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼(毎日新聞)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
鍛冶屋 伝統守る現役3代 愛知・豊田の山間部で活躍(毎日新聞)
[PR]
by lump0uus5n | 2010-05-19 17:44

クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀(読売新聞)

 環境省の国立水俣病総合研究センターは9日、クジラやイルカを食べる習慣がある和歌山県太地町の全住民の3割にあたる1137人を調査し、全国の他地域と比べて平均で4倍超の水銀濃度を毛髪から検出したと発表した。

 水銀中毒の可能性を疑わせる症状はみられなかったが、うち43人は世界保健機関(WHO)の基準値50ppmを超えていた。

 同町は古式捕鯨発祥の地で、沿岸では国際的な規制対象外の小型のゴンドウクジラなどの漁が行われている。反捕鯨団体がイルカ、クジラ類に高濃度の水銀が含まれていると主張し、一部研究者からも健康被害を心配する声があることから、町が2009年、同センターに調査を依頼していた。

 発表によると、調査は夏季(09年6〜8月)と、クジラ類をよく食べる冬季(10年2月)の2回実施。町民から魚介類の摂取状況を聞き、毛髪を検査した。

 夏季調査の毛髪水銀濃度は男性が平均11・0ppm、女性が6・63ppmで、同センターが国内14地域で調べた平均値(男性2・47ppm、女性1・64ppm)を大きく上回った。神経障害の症状が出る可能性があるとして、WHOが定めた基準値の50ppmを上回ったのは、夏季、冬季を合わせて43人だった。

 夏季調査対象者のうち、調査前の1か月間にクジラ、イルカを食べた人は36・8%で、国内14地域の調査で「クジラをよく食べる」とした人が1%未満だったことから、同センターは、同町のクジラ類の摂取状況と毛髪水銀濃度に相関関係があると結論づけた。

 岡本浩二・同センター所長は「平均を上回る水銀濃度は、イルカ、クジラを摂取した影響と推定される。特に健康被害は認められないが、濃度が非常に高い人がいるため、引き続き調査したい」と話している。

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
「車に傷」と代行運転手に30万円要求、恐喝未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
4月の自殺者2493人=警察庁(時事通信)
沖縄・奄美が梅雨入り 平年より2〜4日早く(産経新聞)
<特別背任>PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決(毎日新聞)
[PR]
by lump0uus5n | 2010-05-12 14:27