家庭教師を極める!

口蹄疫 「自衛しかない」 最大の畜産地・都城、悲嘆(毎日新聞)

 感染拡大もようやく収まるのかと思っていた矢先に−−。日本有数の畜産地、宮崎県都城市にも9日、拡大した口蹄疫(こうていえき)疑い。市は発生覚知から約2時間後に現地対策本部を設置。埋却地や獣医師の確保、さらには発生農家周辺の道路封鎖、消毒などの作業を迅速にこなした。一方、地元や県境を越えた鹿児島県の畜産農家からは驚きと「自衛するしかない」など悲嘆の声が聞かれた。【小原擁、木元六男、新開良一】

 現場に近い都城市高崎総合支所。10日午前5時20分過ぎ、埋却作業に向かう白い防護服姿の職員100人を前に、長峯誠市長は「市内で口蹄疫が発生したことは残念。畜産王国のプライドにかけて封じ込める」と激励した。ワクチン接種については「するつもりはない。えびの市のように接種をせずに封じ込めたい」と述べた。

 市によると、殺処分は10日午前2時40分に終了。農家敷地に隣接する畑での埋却作業が進んでいる。

 一方、同日午前6時過ぎ、殺処分などの作業を終えた市職員らがバスで支所へ帰ってきた。市職員の関孝さん(55)は畜舎の周りに青いシートを張り、消石灰などをまく作業を夜通し行った。関さんは「農場主の奥さんが泣き崩れている姿を見た時、とうとう自分の町にもとんでもないことが起きたんだということを実感した。とにかく早く封じ込めなければ」と話した。

 JA都城の和牛生産部会長で、自らも約200頭を飼育する井ノ上廣實さん(71)は疑い例発生に息をのんだ。「ヘリで地域全体に消毒薬を散布するなど、思い切ったことを考えないといけない。金の問題ではない」と訴えた。

 都城市に隣接し、半径20キロの搬出制限区域に入る三股町で280頭の和牛を肥育する福永広文さん(58)も「えびの市の終息で一段落したと思っていた。まさか、という思いだ」。希釈酢による牛舎の全面消毒を2回に増やした。「それぞれが自分の牛舎を防衛するしかない」

 一方、県境を挟んだ鹿児島県曽於(そお)市にも衝撃は広がった。市とJAは9日夜、幹線道路に設置する独自の消毒ポイントを2カ所増やした。全国一の子牛の取扱頭数(年間2万4000頭)を誇る曽於中央家畜市場は、4月下旬から競りは延期されたまま。外園孝男・肉用牛課長(52)は10日、「終息に向けかすかに先が見え出している時期に都城で発生しショックだ。農家からの不安の声も多く寄せられているが感染を避けるため巡回はできず電話しかできない」と厳しい表情で話した。

【関連ニュース】
<写真で見る>口蹄疫、感染拡大が深刻化
<関連特集>口蹄疫、こまでの経緯はこちらで
<関連記事>口蹄疫:都城でも 和牛販売110億円、農家ら「恐怖との闘い」
<関連記事>口蹄疫:「自衛しかない」 都城、県境「早く封じ込めを」
<関連記事>口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合

社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
<掘り出しニュース>横浜港花火大会、規模縮小し復活 市民参加型に(毎日新聞)
北教組委員長代理に有罪判決 札幌地裁 小林氏進退表明へ(産経新聞)
みんなの党の江田幹事長が「菅民主」との連携をあらためて否定(カナロコ)
[PR]
by lump0uus5n | 2010-06-16 12:35
小児心臓移植、候補に6施設=7... >>