家庭教師を極める!

児童ポルノ25%が未削除(産経新聞)

 インターネット上に氾濫(はんらん)する児童ポルノ画像で、警察庁から委託を受けネット上の違法情報の監視などをしている団体が昨年12月、サイト管理者らに削除を要請したのに画像が掲示されたままの状態が続いたケースが25%を超えることが14日、同庁の分析で分かった。ネット上の画像はすぐに複製されるため長期間掲示されると画像の児童は半永久的に被害を受ける。警察庁は、発見時に接続業者がサイトへのアクセスを強制遮断する「ブロッキング」を即時実施する枠組みが不可欠として、総務省など関係省庁に働き掛けている。

【関連記事】
ネット掲示板にポルノ画像 男子高校生ら27人摘発
悪質サイト管理者取り締まりへ ネットの違法情報95%増
漫画家を参考人招致へ 泥沼化する「2次元児童ポルノ規制」で都議会 
「しずかちゃんの入浴」「エヴァのヌード」はOK 都2次元児童ポルノ規制条例
“通信の秘密”侵害も 「児童ポルノのブロッキング」法的側面に課題

普天間移設 「人間の鎖」1万7000人 沖縄(毎日新聞)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で−福岡地裁(時事通信)
<宇宙の種>地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼(毎日新聞)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
鍛冶屋 伝統守る現役3代 愛知・豊田の山間部で活躍(毎日新聞)
[PR]
by lump0uus5n | 2010-05-19 17:44
<< <減税日本>参院選に候補者擁立... クジラの街・太地町住民の毛髪か... >>